歯科技工士ノウハウ情報

求人案内

歯科技工士を目指す方へ、歯科技工士にかんする情報をご紹介します。夢を叶えるための参考にしてください。

歯科技工士とはどんな仕事?

歯科技工士とはどんな仕事?

食事や会話など、歯がなければできないことはたくさんあります。歯科技工士とは、歯科医師の指示に従って歯科技工物を作り、患者様の人生を豊かにする仕事です。

一般的な認知度は高くないのが現状ですが、近代の歯科医療において欠かせない医療技術者です。

歯科技工士の適性とは?

歯科技工士の適性とは?

歯科技工士として活躍するために必要なことは「役立つ技工物を作れる」ということです。機能性も審美性も高い技工物を作るためには、それに応じた正確で高い技術が必要になります。人体に悪影響を与えることなく、生活を豊かにする「新しい歯」を作り出すのは、決して簡単なことではありません。知識の習得はもちろんのこと、正確で細やかな技術も必要です。

歯科技工士の学校

前述のとおり、歯科技工士には専門知識はもちろんのこと、正確かつ細やかな技術力が必要です。それを習得するために、歯科技工士を養成する学校があります。入学資格は高校卒業者であること。学校ごとに特色ある指導を行っており、毎年優秀な技工士を輩出しています。

国家試験と免許

歯科技工士試験とは歯科技工士になるために必須の試験で、「歯科技工士学校での全課程を修了して卒業見込みとなること」が受験条件です。試験内容は「学説試験」と「実地試験」の2種類で、合格すれば晴れて歯科技工士となれます。

合格者は合格証書と免許申請の用紙を提出し、はじめて歯科技工士免許が取得できるのです。

歯科技工士の就職先とは?

歯科医院 歯科医師や歯科衛生士と連携を取りながら患者様の治療にあたります。
歯科技工所 歯科医院などから受注して、指示に従って作製します。
歯科関連企業 歯科技工士の知識を活かして企業の製品開発などを行います。
教育機関 歯科技工士を育成するための教育者として指導を行います。

独立・開業を目指すあなたへ

歯科技工士として独立・開業を目指すあなたのために、必要な情報をご紹介します。あなたの夢を叶える手助けができれば幸いです。

独立・開業に必要なものとは

独立・開業のために必要なものは、独立してやっていけるだけの技術力と歯科医院とのつながりです。もちろん技工物を作る技術だけでなく、経営者としての手腕も必要になります。歯科医院に就職しても歯科技工所に就職しても、将来的に独立はできます。

独立・開業の適齢期

歯科技工所の独立・開業に明確な適齢期があるわけではありませんが、近年で技工所の数が増加していることや開業資金が高額(約1,000万円)であることを考えると、若いうちの開業は難しいと考えられます。しばらくは歯科医院や技工所で働き、十分な知識と技術、そして資金を集めてから行うべきでしょう。

独立・開業時の注意点

独立・開業が決まったとき、もっとも注意すべき点は「仕事をする場所(環境)」です。どんなに立派な技工所でも近くに歯科医院がなければ利用してもらえません。また、前もって歯科医院や病院などとつながりを作っておくことも重要です。